あごにきび 治し方

あごにきびの治し方と対策

あごにきびはストレスなどの生活習慣の乱れでできてしまいます。
そのためあごにきびを治すにはまず生活習慣を見なすことが大切です。

あごにきびの治し方!

睡眠を十分にとる

肌の再生には十分な睡眠がかかせません。特に夜10時から午前2時まではゴールデンタイムと言われ、肌の再生にかかせないホルモンが分泌される時間帯です。
仕事で忙しい場合はしょうがないですが、お休みの日など早い時間に睡眠がとれそうな場合はゴールデンタイムにきちんと質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

 

栄養バランスのとれた食事をとる

ダイエットなどによる食事制限や出来合いのものを買って食べるなどの食生活ですと身体に十分な栄養が行き届かず。身体の代謝に不具合が生じたり血液循環がうまくなされなくなったりなどの影響が出てきます。これらの影響が作用して肌の質も悪化させます。
肌の質を上げるには栄養バランのとれた食事を心がけることが大切です。
特に朝は一番エネルギーを消費しやすいのでたくさん食べても大丈夫です。朝食に栄養バランスのとれたものをたっぷりと摂って身体に十分な栄養を行き届かせましょう。
逆に夜に食べ過ぎると就寝時に胃腸に負担がかかって睡眠の質をさげてしまうので気を付けましょう。

 

ストレス発散をする

仕事などでたまったストレスは休みの日にリラックスをしたり趣味に没頭することで発散させることが大切です。
特に対人関係のストレスを抱えている方は心が許せる友人たちと会って話してよく笑うことでかなりのストレスが発散できるといわれています。
笑うことは細胞の活性化につながります。自分なりの楽しいストレス発散方法を見つけてみましょう。

 

スキンケアをきちんとおこなう

洗顔フォームの洗い残しや肌を傷めつけるようにごしごしと洗顔するような方法では肌を傷つけ、皮膚を厚くしたり過剰な皮脂分泌を招きます。
洗顔フォームは低刺激のものにし、たっぷりの泡で優しくマッサージをするように洗いすすぐときはきちんと石鹸を落としましょう。洗いあがった肌はタオルでごしごしとこするのではなく、優しくあてて水分を吸い取るようにします。
その後の化粧水などのスキンケアも入念に行いましょう。特に化粧水はたっぷりとつけて水分をしっかりと肌に吸収させてあげることが大切です。

健康的な生活が一番の対策法

あごにきびは何か一つのことが原因で起こるのではなく、身体の様々な不具合から生じしてくるものです。そのためにきびの薬を塗ったりサプリにたよってもなかなかあごにきびが治らなかったりします。
もしも上記にあげたことが一つでもできていない場合は自分の生活習慣を見直し、改善をはかることが、あごニキビの治療と対策への一番の早道です。